日本で育った二重国籍者がアメリカ人としてアメリカに住むまで

19 Feb
今日は表題の通りの記事です。二重国籍でアメリカの国籍一応もってるけどずっと日本で育ってきて本当にアメリカに住めるの?本当にアメリカ人としての資格があるの?具体的になにが必要なのっていう助けになればと思います。その他、基本的な二重国籍の情報はこちらをみてください。 具体的にこのケースの人がアメリカにアメリカ人として完全に自立して住めるようになるまで必要なのは以下のものです。特にパスポート、BrithCertificate、SSN、Driver’s Licenseの4つは1つのものをなくした時に他3つで復帰するような仕組みなので、もし2つ以下しかもってない状況はかなりめんどくさいです。頑張って下さい。僕はパスポートしかなくて全部集めるのに2年かかりました。 アメリカのパスポート アメリカの住所 州発行のBirthCertificate SSN Driver’s License 毎年タックスリターン この6つが書類上必要なものでしょう。1つ1つかなり重いのでじっくり解決していってくださいね。もし全部ない!という二重国籍の場合は、BirthCertificate=>パスポート=>SSN=>Driver’s Licenseの順番でしか復帰できない気がします。そして、それは米国内でやらないとかなり難しいです。 アメリカのパスポート まずは、物理的に自身がアメリカに入国して無期限に滞在する(というか帰国)ために必須です。これがないと物理的に入国審査を突破できません。詳しい取得方法はこの記事をみてください。もし手元に古いパスポート or BirthCertificateがなかったら結構絶望的です。もちろん、日本のパスポートを使ってアメリカの入国審査を突破して住み着くのもNGです。それはただの違法入国の日本人です。日本のパスポートを使って短期滞在は多分いけるともいますが、厳密には違法なので自己責任で。 アメリカの住所 日本と同じで、なんの手続きをするにしてもとにかく住所が必要です。これは幸いにも他の5つの条件がなくてもゲットできるので、アメリカに入国したらまず住所をゲットして物理的に住めるようにしてください。 州発行のBirthCertificate これは、アメリカでは事実上戸籍謄本に近いくらいの力を発揮します。いたる役所関係で登場します。基本は州に問い合わせて発行しますが、他の3種の証明書(米国パスポート、SSN、Driver’s License )と住所が欠けてるとこれの取得がめんどくさくなります。 SSN これは、日本のマイナンバーと同じで、ないと銀行口座やクレジットさえつくれませんし、税金も納めるのがめんどくさくなります。また、税処理に使うのでSSNがないとアメリカで就職するのも困難になります。かなり大事です。アメリカ人はすべからく持ってるのが基本なので、持ってない場合は持ってない理由を証明するというすごくめんどくさい作業があります。僕の場合は生まれてから日本で育った証明(幼稚園の卒業証書〜最後につとめてた会社の在籍証明まで)を全部持って行ってようやくゲットしました。また、BirthCertificateとパスポートがないとこれまた取得が難しいです。 Driver’s License 日本と同じで、身分証明書といったらこれです。これ自体はなくても車が運転できないだけですが、いろいろな公的な手続きでもこれを要求してくることが非常に多く、住所も証明できるので身分証明として最強です。また、パスポートやBirthCertificate等他の証明書を復帰するのにも効果大です。さらに、投票権などもこれに紐付いてたりします。これは手続きをちゃんとやればそれほど難しくない気がします。 毎年タックスリターン アメリカ人はどの国に住んでいても、タックスリターン(確定申告)するのが義務です。これをしないと最悪、脱税になって追徴課税としておもわぬ高額の請求が来たり、最悪刑罰をくらってしまいます。基本はアメリカ以外の国に税金納めていれば、タックスリターンをファイルしてもアメリカに払ったとみなされ二重で払うことは原則ないです。ですが、タックスリターンは義務なので死ぬまで日本で暮らすんだという人以外は日本で毎年ファイルし続けなければなりません。...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp

子供がアメリカで生まれたら?二重国籍や手続き

17 Feb
さて、このページを見てる人はアメリカで出産を予定している方か、アメリカで出産した人のどちらかという前提で書いていきます。自分の子供が二重国籍だったらどうなるの?みたいな質問に答える投稿です。なお、自身が二重国籍の方はそれ向けのポストを二重国籍まとめに書いたので参考にしてくださいね。 僕自身も 僕の友達も二重国籍で30歳を迎えて、さらに二重国籍の子供を来月出産予定なのでその経験を元に書かせてもらえれればと思います。私自身としては、二重国籍として親があまり準備をしていたものではなく大変苦労したので、そういった経験がみなさまの役に立てればと思います。 みなさんご存知の通り、アメリカは出生地主義を取っている国なので、アメリカで出産するだけでアメリカの国籍がもらえるというラッキーな国です。もちろん、日本大使館・領事館に届け出ればちゃんと日本国籍ももらえるので安心してくださいね。 じゃあまず必要な手続きから具体的な 日本大使館・領事館 3ヶ月以内に出生届(国籍留保ってやつにチェックする)を出してください。この時に6ヶ月以内の戸籍謄本が必要なケースがあるので、ぬかりなく準備してくださいね。原則は出生届を出せばいいだけなのですが、その国や時期(いまは2016年2月)によって違うと思うので必ず大使館や領事館に確認してくださいね。 出生届を出した後はパスポートを取りましょう!これで、子供は立派な日本国籍になります。 アメリカへの届出 アメリカ向けの手続きは主に4つです。病院発行のBirth Certificate , SSN , County発行のBirth Certificate , US Passport。この4つを揃ってることをちゃんと確認し、自分の子供の将来のためにちゃんと保存しておきましょう!僕の知り合いはこれらがほとんどなくて2年がかりでなんとか集めました。場合によってはアメリカ国籍保持も難しくなるかもしれません。この4つの書類はアメリカ国籍4種の神器といっても過言ではないです。一つでも欠けると結構めんどくさいのでちゃんと全部子供が大人になるまで揃えておいてくださいね。そしてこれら4つの書類はおそらく州によって違うと思いますが、病院で手続きを説明してくれるはずなのでちゃんとこの4つは聞いておきましょう! 基本的には、病院が病院のBirthCertificateとSSNを発行してくれるはずです。SSNはちっこいカードですが、あなどれません。これをなくすと子供のアメリカ人としての将来が揺らぐので間違いなく保管しておきましょう! そして、州によってCountyに自分でBirthCertificateの申請をFileするか、病院がFileするかの違いがあります。Fileした後で、6週間程でBirthCertificate取得可能になるので、このCounty発行のBirthCertificateは子供の人生に度々登場するのでなんなら5通くらい取っておきましょう。 そして、パスポート。これも忘れずにとっておいて、子供が成人になるまで親として毎年忘れずにパスポートの更新をしてください。更新を忘れるとパスポートの取得が難しくなるケースもあります。 22歳までに国籍選択? 親として、この点もきになると思います。これは基本ルールとして国籍選択をしなければならないだけで、22歳越えた後でも2016年2月現在、出生時に二重国籍になった人限定で、二重国籍を保持することが可能です。くわしくは日本における二重国籍の扱い(アメリカ)を読んでください。 忘れちゃいけないのが税金(Tax Return) さて、これも親として子供が成人になった時に必ず教えてあげましょう。二重国籍の一番の問題は実は税金なのです。アメリカ国籍は世界中どこで働いていてもTax Returnっていってアメリカの確定申告を必ず毎年しなければなりません。これが二重国籍唯一で最大のデメリットでしょう。原則的に年間9万ドルあたりまでは、アメリカ以外で納めた税金はアメリカに支払っとみなされて免除されますが、9万ドルを越えた額は就労している国とアメリカへダブルで払う可能性があります。これが最大のデメリットです。もし子供が一生アメリカ外で暮らすなら無視しても大丈夫ですが、アメリカに住んだり・働いたりする場合は最悪の場合脱税にもなりかねないので、TaxReturnの義務を必ず子供につたえてくださいね。実際、申告するかどうかは子供の判断でいいと思いますが、二重国籍であることを子供が知らないと税金のことなんて気にしないと思うので・・・。 以上のように子供がアメリカで生まれると手続きも多くなるし、自身がしらないSSNやBirthCertificateのことなどたくさんありますが、親が全部とっておくと子供の未来が限りなく広がるので是非、子供のために入念に準備しておいてくださいね。...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp

アメリカ大使館の米国パスポート更新について(二重国籍)

18 Jul
今日は日米二重国籍の友人Aさんのアメリカ大使館でのパスポート更新の話。先日、二重国籍の日本のパスポート更新という記事を書いたのだが、どうやらアメリカ方のパスポート更新と思ってきてる人が結構多い感じがしたので、今日はそっちの話です。日本国籍のパスポート更新は上記をみてください。 まずは手順 パスポート更新に必要なものを準備 アメリカ大使館のアポイントメントを取る アメリカ大使館に面接にいく 1−2週間後、パスポートが届く こんな感じです。正直、新規発行はしりませんが手元にパスポートがないのであれば結構難しいイメージがあります。また、15年経つとめんどくさくなるので二重国籍の子供を持つお母さん・お父さんは子供の二重国籍は忘れずに更新しておいてくださいね。 まずは1:必要なものですが、アメリカ大使館のHPをよく見ましょう(笑) 気になる点について追記します。有効な身分証明書ですが、大抵の人がアメリカのDriver Licenseなんて無いので、これは日本国のパスポートが一番無難で簡単だと思います。なので、正直日本のパスポートと米国のパスポート(失効しててもいい)の二つがあれば、パスポート更新は結構簡単です。逆にいうと、米国のパスポートがないと結構めんどくさい気がします。 もう1つ、申請書の中のSSNについてですが、これは友人Aの場合は持ってなかったので、000-000-000みたいな感じで埋めれば通りました。ちなみに、アメリカ国籍なのにSSNを持って無いケースはSSN取得がすごくめんどくさいです。これはまた後日書きます。 2:次に大使館のアポイントメントの予約を取ります。これもアメリカ大使館のHPからですね。だいたい1、2週間くらい先になるので余裕をもって予約入れましょう。 3 : 次にアメリカ大使館での面接です。面接っていうとドキドキしますが、日本のアメリカ大使館だと割と日本語が使えた気がします。窓口の人でさえカタコトの日本語を喋ってくれた気がしました。基本的に書類に不備がなければ結構簡単です。ビビらずに気楽にいきましょう!一応、「宣誓」があります。具体的には忘れましたが、儀式みたいのがあるので宗教上の理由がある人は確認したほうがいいかもしれませんね。余談ですが、アメリカ大使館はビザのために訪れる人が行列を作ってるのですが、アメリカ人は堂々とアメリカ人専用の短い列で日本人をごぼう抜きにするのは快感です(笑) 4:あとは申請の時にもってったレターパックにパスポートが返送されてきます。1−2週間くらいだったと思います。パスポートが更新されたらあとはアメリカ出入国は最強です。なんも聞かれずに、自由に出入りが可能です。 最後に余談ですが、アメリカの二重国籍はアメリカで就労するのに何も制限がかから無いので、他の日本人とくらべれアメリカで仕事をみつけ生活するハードルがだいぶ低くなります。逆に言うと、普通の日本人は苦労に苦労を重ねてやっとアメリカで生活します。(アメリカのビザは世界から人気があるので究極的には運次第) アメリアで職があって生活しててもレイオフかなんかに見舞われて、帰らざるを得なくなる人だっているくらいです。生まれ持って手に入れた二重国籍は両親に最大の感謝をしながらぜひ有効活用してくださいね。...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp

二重国籍の海外・日本出入国。パスポートはどっち?

18 Jul
結構、二重国籍関連の検索できてくれる人が多いので、今回は気になる二重国籍の海外・日本の出入国について。一般的な二重国籍の話はこちらから。これも二重国籍の友人Aさんの話に基づいた記事ということで(笑) 結論からいくと 日本出入国は日本のパスポートを使う。 もう1つの国籍の国に出入りするときはその国のパスポート。 航空券のためのパスポート番号は名前さえあってればどちらでも良いが、友人Aさんは日本ではない方のパスポートでとってるみたい。 どちらの国籍でもない国へ出入りするときは、居住している方の国のパスポート。 こんな感じですね。一番重要な1、2について記述していきます。また友人のケースはアメリカと日本の二重国籍なので他の国の場合は必ずしも当てはまらない場合があるので各自で確認を。 まずは、原理原則から。どこの国でもそうだと思いますが、「自国籍がある人は自国籍のパスポートを使わなければならない」的な法律がどこの国もでも大抵あると思います。(アメリカはあるはず )なので、日本に出入国するときは当然、日本国籍を所持しているなら日本パスポートを使わなければならないし、もう1つの国の方も同様です。もし、日本国籍を所持しているのに別の国籍のパスポートを使って日本に入国するのであれば、厳密に言えば旅券法違反的なものになりかねないと僕は解釈してます。 よく、二重国籍の人が気になることとして、「でもそうしたら、日本のパスポートは日本の判子だらけにならない?」ということがあげられます。友人Aはいままで数回、日米を行き来してますがいまのところ問題になってないようです。ここでもう1つの原則があります。入国審査官が気にしているのは、どんな人がいつ出国(入国)していつ入国(出国)しているかを気にしています。旅行者は日本を出国して海外に入国が1セットとして考えがちですが、入国審査官の1セットは違います。荒く言えば、自国に出入国している以外のことは基本的に無関心というのが原則です。(友人Aも他の国のスタンプが大量にあるので気付かれてないだけかもしれないですが ) ちなみに、二重国籍は日本の法律ではグレーですが、厳密に言えば禁止なので日本の出入国のときにもう1つのパスポートを見せるということはしちゃだめすよ!いろいろ調べた感じだと、言われたときだけっていうのが原則らしいです。アメリカは二重国籍おkなので、間違って日本のパスポートをみせちゃっても問題にはならないけど、その場合はツーリスト(3ヶ月滞在)になってしまうかもしれませんね(笑) 3のケースですが、正直どっちでもいいと思います。ただ、日本からアメリカに旅行する場合、滞在資格を聞いてくることがおおいので、友人 Aは基本的にアメリカのパスポートを使ってるみたいです。 4のケースですが、友人 Aもまだ未経験でわからないですが、これもどっちでもいいと思います。自分に有利な方のパスポートでいいんじゃないでしょうか? (例えば判子欲しいから日本のパスポートつかうとか )...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp

二重国籍の日本のパスポート更新(申請)について

22 Apr
一般的な二重国籍の記事はコチラから。 アメリカパスポート更新はコチラから。 今日は二重国籍の気になる話題「パスポート更新」について。 先日僕の友人のA さんがパスポートの更新を終えてきたというのでその体験談に基づいてます!(笑) さて、まず法的解釈ですが弁護士さんに相談したところ以下のサイトを勧められました。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11108981106 確かによくまとまってますし、一旦これを法的解釈としておきます。 重要な点としては、 出生で付与された二重国籍に関しては已然グレーですが問題ないです。 出生後、自らの意思で外国籍を取得した二重国籍は外国籍を取得した時点で日本国籍離脱と見なされます。 今回は1の話ですが、2にあたる方はそのままパスポートを使うと旅券法違反とかになりかねないので、国籍離脱など正式に手続きを進める方がよいかと思います。マイナーなケースになりますが、血統主義における国の父(母)と日本人の母(父)の間の子で、日本ではない国の方に出生届けを出した場合2になるケースなどもあるみたいです。この場合は、自ら届け出て国籍を取得するとみなされるケースがあるみたいです。アメリカみたいに、その地で生まれただけで勝手に国籍が付与されるような状況において日本は二重国籍を黙認していると認識するのが良さそうです。 友人Aさんのケースですが、サンフランシスコ領事館でパスポートを更新してちゃんと更新されたみたいです。ドキドキして、パスポート申請用紙を出すも「在留資格は何ですか?」と聞かれ「米国籍なのでパスポートもってます」と答えたら、パスポートのコピーだけ取られて何事もなくパスポート更新が終わりました。 あくまでも感想ですが、さすがアメリカの領事館のだけあって、二重国籍には慣れているような対応でしたね。日本のパスポートセンターでの更新は知りませんが、アメリカの領事館・大使館では基本問題ないと思います。パスポート更新の際に注意すべき点は 必ず真実を述べる 外国籍取得日は必ず出生日と一緒にする(違う場合は、出生後とみなされます) 毅然とした態度で申請(自分の権利をちゃんと主張するスタンス) の3点です。22歳を超えた二重国籍のみなさん、とりあえずほとんどの人がパスポート更新は無事できてるようなので、ちゃんと自分の置かれた権利や状況等を把握してパスポート更新に望んでください。 最後にいろんなサイトでしらべようが、最終的には自己責任なので、ちゃんとした情報が欲しいという方は弁護士に相談することをお勧めします。30分5千円くらいから相談にのってくれるらしいので、自分の国籍のこと考えたら安いと思います。 ↓このサイトで探せます↓ http://www.bengo4.com/  ...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp

日本における二重国籍の扱い(アメリカ)

20 Jan
僕はもろ二重国籍問題に巻き込まれているので、自分の知っていることを色々書いていこうと思う。 日本は、二重国籍を原則認めていない。 ただし、アメリカ等「出生地主義」の国では、出生した時点でその国の国籍がもらえることになっている。 その場合において、日本国では21歳未満までは二重国籍が認められている。 合法的に、日本のパスポートと日本国以外のパスポートを持つことができる。 ただし、21歳以上になったら、日本かもう1つの国の国籍を選択を宣言する義務がある。 具体的には、役所等に自分がどちらの国籍を選ぶか宣言する手続きが必要になる。 いちお、国や役所から国籍選んでくださいという通知がくることになってるらしいが、くることはほぼ無い。 日本の国籍を選んだ場合は、もう一方の国籍は放棄努力義務という形になり、日本の法律でもう1つの国籍剥奪までは力が及ばない。なので、形としては「日本国籍の選択を宣言し、もう一方の国籍は放棄する努力をします」というポーズだけで足りる。21歳以降もグレーゾーンだが、2つのパスポートを所持することができる。 また、アメリカ等の国ではそもそも放棄することが難しいので、事実上二重国籍は維持せざるを得ないという状況になる。 手続き的に一番問題になるのは、入国とパスポート更新の二つであろう。 どちらの手続きにおいても、真実をいうことが一番重要であり、嘘をつくのは虚偽の報告になってしまうので非常によろしくない。 入国の際に、他に国籍が有るかと言われれば素直にもう1つの国のパスポートを見せる必要があるし、パスポート更新の際にも、他に国籍があると宣言しなければならない。 (パスポート更新の際には、どちらの国籍を選択するか義務が生じるが、これは選択を宣言だけでよい) 噂で聞いた程度だが、日本も二重国籍は認めてないものの、そもそも人口が減っているし、大事な働き手を自ら減らす様なことはしたくないということらしいので、日本も黙認のスタンスをとっているとかなんとか。とにかく、二重国籍問題は日本もよくしてくれるので、役所や入国に関してはとにかく真実を言うことが大事である。 ちなみに、上記のことはすべて出生時に二重国籍になった日本人のみ適応で、出生後帰化等で国籍を取得した場合は、日本国籍は自動的に放棄したものとみなされる。 グローバル化の時代を迎え、多種多様な人種・国籍が入り交じる時代なので、...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp