カルトレイン(Caltrain)の乗り方

29 Feb
カルトレインとはサンフランシスコからサンノゼのいわゆるシリコンバレーのど真ん中を走っていく電車である。この区間の間に、世界的に有名なFaceebookやGoogleなどのIT 企業が立ち並んでいる。今日は、そんなカルトレインの乗り方である。 カルトレインの乗り方は2つ。クリッパーカードを使うか、券売機でチケットを買うかである。クリッパーの購入の仕方は以下に記事を書いたので参照してもらいたい。 (クリッパーカードの購入の仕方はこちらの記事を参照してください) まずクリッパーで乗る場合は、カルトレインのすべての駅に以下のようなクリッパー専用の読み取り機械があるので、カルトレインに乗る前にこれにピッとかざしてチェックインしよう。このときに、カルトレイン利用時の最大料金が引かれてしまうことがポイントだ。降りる際に、同じ機械でチェックアウト(再度かざす)を忘れずにしよう!チェックアウトすることで、利用した分だけ引かれて残りが帰ってくるという仕組みである。チェックアウトを忘れるとたった一駅でも数十ドル取られてしまう。 券売機で買う場合は、まず券売機の上の図で行き先のZONEを確認しよう。 ZONEがきまったら、One-Wayを選ぶ。(Round Tripないのかな・・・) そうするとどこのZONEまでいくかを選択する画面になるので、自分が降りる目的地の駅があるZONEのチケットを購入しよう。 次に何枚必要か選択できる。 最後に値段が聞かれるので、料金分お金を入れればチケットが発券される。  ...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp

クリッパー(Clipper)の購入方法・チャージの仕方

29 Feb
今日は、クリッパー(Clipper)カードの買い方について。クリッパーカードとは、サンフランシスコで移動するには欠かせないSuicaやIcocaみたいなカードである。事前に、幾らかお金をいれておいて、乗るときに機械にかざして、支払っていくカードだ。クリッパー(Clipper)カードで、Muni , BART , Caltrain , 中距離バス , Ferryなど様々な交通機関に対応しているので是非とも手に入れておきたい。 クリッパーカードは以下の様なカードであり、WalgreenかPowellのチケットカウンターか券売機等で購入・チャージ可能である。 街中いたるところにある、Walgreen。ここのカウンターでもClipperカードがチャージ・購入可能である。「I would like to purchase a clipper card」って頼めばおkだが、少し英語力を必要とする。 Powellにあるチケットカウンターは以下の場所にある。ここでは、クリッパーカードの他、Day PASSやケーブルカーのチケット等も買える。 そして、英語が苦手な人にとって一番簡単なのが、CivicCenter , Powell , Montgomery , Embarcaderoの各駅に設置されているMuniの券売機で買う方法である。購入の他、チャージもできる。(ここにはBartの券売機もあるので間違わない様に注意) ①最初の画面で「Buy New Clipper Card」を選ぶ。(チャージするときはReload Clipper card )  ②次の画面で「Cash Value」を選ぶ。ここでMonthly Passとか選ばない様注意   ③次の画面で追加する金額を選択。ここでは$20を選びます  ...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp

日本のスーパーマケット「NIJIYA」

28 Feb
さて、今日は日本のスーパーマーケット「NIJIYA」について。旅行者はあまり行かないと思いますが、一ヶ月以上滞在すると日本のものも恋しくなってきますよね。そんなときサンフランシスコで日本の物や食材が大量に調達できるのが「 NIJIYA」というスーパーマケット (grocery store)です。私もそうですし、現地に住んでいる日本人はかなり重宝しています。 まず場所ですが、以下のところにあります。Powellからいくと38番というバスにのって、Lagunaというバス亭でおります。websterっていう次のバス亭の方が近いのですが、こっちは快速バスは止まらないのでLagunaって覚えておいた方が無難です。ちなみに、バスの乗り方はこちらのブログにかいたので、見てみてくださいね。ちなみに、このNijiya一帯がジャパンタウンと呼ばれていて、Nijiya以外にもたくさんの日本レストランや日本の雑貨屋があります。 入り口はこんな感じ! 惣菜売り場には日本の弁当がたくさん売っています!うれしいですね。 サンフランシスコで唯一といっていいほど、食べれる刺身が買えるのはここだけです。種類はすくないですが、サーモン・マグロ・ヒラメなどいろいろ手に入ります。サンフランシスコの寿司は変な味したり値段も高かったりするので、コスパ考えたらNijiyaの刺身で手巻きなんかはコスパがいいですね。 この日はセールってのもありますが、キリンビール24缶入りの値段です・・・一本$1以下・・・。サンフランシスコは(おそらく)酒税が日本よりやすいので、日本の酒でさえもかなりやすく手に入ります。お父さんには嬉しいですね!! 米売り場です。たくさんの種類の米がうっています。大抵、日本の品種をカルフォルニアで育てた物です。日本の物にはかないませんが、美味しくたべれます。5kgで$20前後です。個人的な感覚ですが、やはり少し高めのお米の方がおいしい気がします。数はすくないですが、日本から輸入した米もあつかってます!日本の米が食べれるのは本当にうれしいですね。 出張の味方カップラーメンもたくさん売ってます。ただ、日本でメジャーなのはすくないです・・・。一番愛用するのは赤いきつねと緑のたぬきくらいですかね。他のは袋麺でサッポロ一番とかが手に入ります。 なんと!生ラーメンや生焼きそばもうってます!これさえあれば、家でおいしいラーメンも作れますね。煮干しだしの素とかも別売りでうってたりするので、サンフランシスコでも結構おいしいラーメンがつくれます。 日本酒も充実してます。 コスメ?化粧水や日本のシャンプーなんかも少しあつかってます。数は多くないです。...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp

サンフランシスコのケーブルカーに並ばずにのる乗り方 +チケット

23 Feb
今日は、ケーブルカーについて。Youtubeにもわかりやすく解説を乗せたのでこちらもみてくださいね。(動画では$6といってますが2016年2月現在$7に値上がりしてるようです) まずはチケットの買い方。実はチケットがなくても現金でぴったり$7(2016年2月現在)もっていれば、車掌さんに渡せば大丈夫です。なので、途中で乗ったりする時にチケット買えない場合は現金で乗るしかないです。ですが、おそらくお釣りは出ないので事前に買っておく方が良いですね。事前に買っておく場合として、クリッパー or PASS or チケットの3種類があります。クリッパーは僕も何回か試したんですが、見せるだけでタダで乗れる不思議な手続きです・・・でも、いつか引かれるとおもうので常に$7以上いれておいてくださいね。PASSはSF市内でバス・地下鉄が1日、3日、7日乗り放題のやつです。これでも乗れます。あとは1回きりのチケットですね。 チケットカウンターはPowellの始発駅のところからみて下記写真部分にあります。 チケットカウンターと値段 (料金)の一覧表(2016年2月現在)。滞在のスタイルに合わせて買えばいいのですが、クリッパーがオススメかなと思います。( Passはカルトレインと市街にでるバスに対応してない)。ここだとおそらくクレジットも使えるしお釣りもでるので購入は一番便利だと思います。 チケットを買ったら、この黄色いおじさんが乗車後にチケットを回収しにきます。そこでチケットを見してくださいね。 なお、このPowellの乗り場にはHYDE線とMASON線の二種類が来ます。どちらもフィッシャーマンズワーフの方にいくので方角は問題ないんですが、HYDE線の方が圧倒的に人気です。HYDE線の方がアップダウンが激しく、最後の終点の近くは海に向かってダイナミックに駆け下りるんですよね。 行き先はケーブルカーの上のサインをみて判断します。 さて、ケーブルカーは大抵Powellから乗ることが多いですが、ほとんどの時期において大変混雑します。1時間以上待つ日もざらにあると思います。ですが、なんとそんなに並ばずに乗れる方法があります。ケーブルカーは基本的に途中でお客さんを拾うために始発駅のPowellで満席で出発しません。だいたい60-70%くらいの乗車率で出発します。そのため途中の駅で乗ることが可能です。しかも、次の駅までたった数百メートルです(笑 ) まず、ケーブルカーの始発のサインの横を直進します。 100-200mくらい歩きますと、右手にH&Mが見えてきますので、その前方に見えにくいですがCable Carのストップサインが見えてきます。 こんな感じにポールにちっちゃく書いてあります。ここに限らず、ケーブルカー沿いのすべてのこのサインのところで乗車が可能です。この場所が混んでた場合はさらに数百メートル先にStopのサインがあります。...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp

[画像解説]サンフランシスコ空港(SFO)から市内へのアクセス

21 Feb
今日は、サンフランシスコ空港から市内へのアクセスについてです。サンフランシスコから市内へのアクセスは主にTaxi , Shuttle Bus , Bart(電車)の3種類がありますが、今回はTaxiとBartについて説明します。Shuttle Busは見つけにくい上、多少英会話を必要とするので旅の初心者には少し難しいです。実際、大体の人がTaxiかBartで市内に向かっています。(ちなみに、2016年2月現在Uber,LyftもSFOから呼べます。合法になりましたが、これも難易度が高いので初心者にはお勧めできません。) サンフランシスコ空港は出国ゲート(到着ゲート) が2つあるのですが、どちらから出るかは航空会社に依存します。いずれにせよTaxiが外へ、Bartが出て右端まで進みます。どちらにでるかによって微妙に違うので標識に従ってください。 タクシー もっとも簡単な交通手段です。特に到着後は疲れてる上にスーツケースもあるのでできればタクシーを利用したいですよね。 SFOのタクシーは安全です。正しいところから乗ればボッタクリなどはないので大丈夫です。しかし、ここは海外。白タクは数は他の空港より圧倒的に少ないと思いますが、いるかもしれないのであまり到着ゲートでキョロキョロせず一直線にタクシー乗り場に向かいましょう。料金は市内まで$50 – $70程です。プラス15%〜20%くらいのチップを渡してください。チップは日本人は慣れてないので難しいですが、クレジットで払う方が簡単です。タクシー内の操作パネルで大抵15%とか20%とか選択式で選べます。現金で払う場合もチップなど小銭を心配することなく。例えば、運賃$70に対して$100を渡してチップとして$13渡す場合は、合計で$83になりお釣りが$17になるので、” Seventeen  dollar back please “で大丈夫です。気持ち、荷物1つにつき$1くらい載せるイメージで大丈夫です。めんどくさければ20%払えば問題ないです。 出国(到着)ゲートをでたら、そのまま真っ直ぐすすみ外にでましょう。Taxiの標識が見つかるはずなのでそれに従ってタクシー乗り場を見つけてください。 タクシー乗り場はここです。この乗り場付近に整理してくれる人がいるはずなので、その人に近づけばさばいてくれると思います。注意は決してここ以外からタクシーに乗らないでください。ここ以外のタクシーはかなりの確率で白タクです。サンフランシスコは少ないですが、海外で被害が多いので気をつけてくださいね。 Bart ( 電車 ) 安くて、早くて行けるのがBartという電車です。市内まで場所にもよりますが$8 – $11程です。20分に1本でてるので、出発時間もそれほど気にしなくて良いです。 出国ゲート(到着ゲート)をでて右に進んで、右端まで来るとBartの表示とともに、エスカレーターがあるので、それに乗りましょう。 エレベーターから上がったら左に曲がります。 BART乗り場が見えてくるので直進。 直進すると改札と券売機がみえてくるので券売機で切符を買いましょう。料金表は2016年2月現在以下のとおりです。大抵の市内向かう人がCivic Center , Powell ,  Montgomery , Embarcaderoだと思います。この例はどれも$8.95ですね。帰りも乗る際に切符を買えるので、ここはOneWayで十分だと思います。 (補足)路線図。...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp

日本で育った二重国籍者がアメリカ人としてアメリカに住むまで

19 Feb
今日は表題の通りの記事です。二重国籍でアメリカの国籍一応もってるけどずっと日本で育ってきて本当にアメリカに住めるの?本当にアメリカ人としての資格があるの?具体的になにが必要なのっていう助けになればと思います。その他、基本的な二重国籍の情報はこちらをみてください。 具体的にこのケースの人がアメリカにアメリカ人として完全に自立して住めるようになるまで必要なのは以下のものです。特にパスポート、BrithCertificate、SSN、Driver’s Licenseの4つは1つのものをなくした時に他3つで復帰するような仕組みなので、もし2つ以下しかもってない状況はかなりめんどくさいです。頑張って下さい。僕はパスポートしかなくて全部集めるのに2年かかりました。 アメリカのパスポート アメリカの住所 州発行のBirthCertificate SSN Driver’s License 毎年タックスリターン この6つが書類上必要なものでしょう。1つ1つかなり重いのでじっくり解決していってくださいね。もし全部ない!という二重国籍の場合は、BirthCertificate=>パスポート=>SSN=>Driver’s Licenseの順番でしか復帰できない気がします。そして、それは米国内でやらないとかなり難しいです。 アメリカのパスポート まずは、物理的に自身がアメリカに入国して無期限に滞在する(というか帰国)ために必須です。これがないと物理的に入国審査を突破できません。詳しい取得方法はこの記事をみてください。もし手元に古いパスポート or BirthCertificateがなかったら結構絶望的です。もちろん、日本のパスポートを使ってアメリカの入国審査を突破して住み着くのもNGです。それはただの違法入国の日本人です。日本のパスポートを使って短期滞在は多分いけるともいますが、厳密には違法なので自己責任で。 アメリカの住所 日本と同じで、なんの手続きをするにしてもとにかく住所が必要です。これは幸いにも他の5つの条件がなくてもゲットできるので、アメリカに入国したらまず住所をゲットして物理的に住めるようにしてください。 州発行のBirthCertificate これは、アメリカでは事実上戸籍謄本に近いくらいの力を発揮します。いたる役所関係で登場します。基本は州に問い合わせて発行しますが、他の3種の証明書(米国パスポート、SSN、Driver’s License )と住所が欠けてるとこれの取得がめんどくさくなります。 SSN これは、日本のマイナンバーと同じで、ないと銀行口座やクレジットさえつくれませんし、税金も納めるのがめんどくさくなります。また、税処理に使うのでSSNがないとアメリカで就職するのも困難になります。かなり大事です。アメリカ人はすべからく持ってるのが基本なので、持ってない場合は持ってない理由を証明するというすごくめんどくさい作業があります。僕の場合は生まれてから日本で育った証明(幼稚園の卒業証書〜最後につとめてた会社の在籍証明まで)を全部持って行ってようやくゲットしました。また、BirthCertificateとパスポートがないとこれまた取得が難しいです。 Driver’s License 日本と同じで、身分証明書といったらこれです。これ自体はなくても車が運転できないだけですが、いろいろな公的な手続きでもこれを要求してくることが非常に多く、住所も証明できるので身分証明として最強です。また、パスポートやBirthCertificate等他の証明書を復帰するのにも効果大です。さらに、投票権などもこれに紐付いてたりします。これは手続きをちゃんとやればそれほど難しくない気がします。 毎年タックスリターン アメリカ人はどの国に住んでいても、タックスリターン(確定申告)するのが義務です。これをしないと最悪、脱税になって追徴課税としておもわぬ高額の請求が来たり、最悪刑罰をくらってしまいます。基本はアメリカ以外の国に税金納めていれば、タックスリターンをファイルしてもアメリカに払ったとみなされ二重で払うことは原則ないです。ですが、タックスリターンは義務なので死ぬまで日本で暮らすんだという人以外は日本で毎年ファイルし続けなければなりません。...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp

【基本】アメリカの保険制度のわかりやすい概要

19 Feb
さて、今日はわかりにくいアメリカの保険制度についてです。詳細は”アメリカ 保険“で調べればたくさんでてくるので、このページでは基本の基本を押さえらえればいいと思います。アメリカに住むには保険考えないと危ないなって気づいてもらうためのページです。 日本とアメリカの医療制度の最大の違いは国が医療保険のを提供しているか民間が医療保険を提供しているかです。日本だったらみんな健康保険証を持ってますよね?発行している健康組合の違いはあれ、仕組みは国のルールの基づいて提供されています。アメリカは民間の会社が健康保険証を発行しているようなものです。 日本は国民保険加入は義務なので保険証にたいして意識はあまりしませんが、アメリカでは自分から民間の保険を選んで健康保険証をゲットしないと簡単に無保険に陥ります。そして、無保険はかなり危険です。日本でも風邪とかでさえ内科に受診しにいくと5000円くらいかかりますよね?それでも自己負担3割なので、本当は17000円もします。保険証がないとこの金額まるまる支払うことになります。風邪くらいだったらどうってことないのですが、もし手術とかになって全額自己負担とかになったら1000万とか平気で請求されかねないです。 もうひとつ、アメリカの保険で重要なのが医療機関に対する交渉力です。医療機関もビジネスで自分たちで価格決定するのですが、保険会社もステークホルダーなので保険会社がそもそもの医療費を交渉します。過剰医療を抑えようとするんですよね。なので、保険会社を通さない自己負担はそもそもかなり割高料金を請求されるうえに、一般商材とちがって交渉しにくいので泣き寝入りするしかありません。僕自身も保険会社の請求書で、保険会社が承認した金額という欄で10%-20%くらい安くなってるのよく見ます。医療機関も保険会社に切られると顧客を失うのでいうことを聞くしかありません。 こういう民間が過剰医療を抑えて日本みたいに高齢者の医療費が膨れ上がらないのはアメリカの保険のメリットですが、とにかくこの保険が高額なのが問題です。個人で入ると一家(夫婦・子供二人)で年間100-150万くらいかかります。なので、アメリカでは良い保険にはいるために正社員になるという意識さえあるくらいです。企業は基本的に社員にたいして福利厚生の一環として保険をサポートしており、企業がどれだけいい保険に入るかが、採用の競争力になってたりします。...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp

本当に必要なアメリカや海外への赴任・生活の前準備

18 Feb
さて、今日はアメリカ赴任・生活の前準備についてのポスト。ついに決まったアメリカ赴任やアメリカへの留学。みなさん、ワクワクとドキドキを両方感じつつ新しい生活に期待を膨らませてると思います。ただ、僕も経験あるんですが、赴任前に何を準備すべきか?ということが気になりますよね。人事や役所で教えてもらえること以上にすべき点って結構おおいので、ここではそれらを書いていきたいと思います。基本的な書類手続きはこことか参照してください。 お金まわり ネットバンク+海外送金手続き 海外で使えるデビットカードの作成 クレジットカード その他手続き等、ネット証券等ID/PASSを忘れてる場合は忘れずに再取得 の4点です。金融関係まわりは住民票ぬいて、住所がなくなると途端に手続きが困難になるので、出国前に必ず完了させましょう。1−3は、海外にいて如何に日本の銀行にあるお金を取り出すかっていう話です。アメリカにいると車購入とか色々と大金が動くことが多いですが、日本のお金を動かせないと貯金0状態からスタートなので日本のお金を海外から動かせるようにしておくと便利です。 1:ネットバンク+海外送金手続き 特にハマりがちなのが、の手続きだけしてたら海外送金できるかと思いきや、海外送金はさらに手続きが必要です。ネットバンク開設から海外送金まで1−2週間かかるので前もってやっておきしょう。 2:海外で使えるデビットカード 海外で使えるデビットカードはアメリカで直接ドルを手にいれる方法です。アメリカで口座を持ってしまえば滅多につかわないですが、使うときは使います。2016年2月現在新生銀行が便利です。 3:クレジットカード 3は言わずもがな、赴任期間中カバーする有効期限のカードをもてるとベターです。 4:その他手続き等、ネット証券等ID/PASSを忘れてる場合は忘れずに再取得 もしネット証券等の口座をもっていてID/PASS忘れてたり何か手続きしたい場合は出国前に済ませて下さい。これらも住所がないと手続きが不可能だったりします。 持ってると便利な日本の証明書 戸籍謄本 国際免許証および日本の免許書 運転記録証明書(英文) の3点です。 1:戸籍謄本 戸籍謄本は日本の領事館や大使館で手続きをする時に何かと必要です。有効期限は6ヶ月ですが、6ヶ月いないでも使う可能性があります。例えば、ビザ周りで英文のfamily registerとか意外に大使館が翻訳してくれたりするんです。戸籍謄本があれば。 2:国際免許および日本の免許書 国際免許は国や州によってルールが違いますが、持っておくと現地で使えないまでも免許取得に有利だったりします。国際免許だけじゃ運転できない国・州(カルフォルニアとか)もあるので注意してくださいね。国際免許はせいぜい英訳くらいの効果しか持たないところもおおいので必ず赴任先の国や州のルールを確認してください。日本語表記の運転免許書と国際免許併せて効果を発揮する国・州もおおいので、日本語表記の免許証もわすれずに。 3;運転記録証明書(英文) マニアックですが、レンタカー周りで使う可能性があります。僕はカーシェアのサービス登録に使いました。   赴任先の国での保険 アメリカの保険の詳細については後日書きますが、まず赴任の方は人事や会社が手配してくれるとおもうのでそれに従ってください。ただし、たまに中小とかだと保険が無防備な方もちらほらいたので、必ず人事に保険については確認しましょう。ガチで無保険だとす百万円かかったりします。 赴任ではない場合は、海外長期用の保険を検討しましょう。例えば AIUとか。僕は会社がカバーしてくれたので詳しくないのですが、日本出国前でないと入れない保険もあるみたいでそれが楽でお得みたいです。 いずれにせよ、無保険で海外・アメリカは自殺行為です。日本ではいらないにしても海外・アメリカで入れる手はずを整えてから出国したいですね。 健康診断・その他治療・予防接種 医療機関系も日本の健康保険でできるうちにやりきった方が圧倒的に楽です。正直、アメリカの医療システムは日本人には結構わかりづらいシステムなので虫歯の治療とか検診とか取るに足らないものも日本で済ましておくことを強くお勧めします。 また、予防接種については日本とアメリカでは流行っている病気等が違うため、海外長期滞在に詳しい予防接種の病院にかかっておいた方が安心です。予防接種は1回目、2回目、3回目と打つケースが多く、2回目は1ヶ月後だったりするのです。なので、ケースによっては海外到着直後に海外の病院で予防接種うける必要があったりして、これはかなりハードルが高いので、できるだけ事前にやっておきましょう。 自身と配偶者の資産・収入の把握 これは特にアメリカのケースですが、アメリカに赴任になると確定申告(タックスリターン)をする必要があります。この手続きに歳しては、自身はもちろん扶養者のすべての資産と収入を申告する必要があります。特に該当年度で転職したり退職したりしていると源泉徴収票が収入面の把握でかなり重要になってくるので、ちゃんと確認しておいてください。同様に、すべての銀行口座や証券等の残高を確認しておいてください。これを日本にいる間にやらないとタックスリターンがめんどくさくなります。...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp

子供がアメリカで生まれたら?二重国籍や手続き

17 Feb
さて、このページを見てる人はアメリカで出産を予定している方か、アメリカで出産した人のどちらかという前提で書いていきます。自分の子供が二重国籍だったらどうなるの?みたいな質問に答える投稿です。なお、自身が二重国籍の方はそれ向けのポストを二重国籍まとめに書いたので参考にしてくださいね。 僕自身も 僕の友達も二重国籍で30歳を迎えて、さらに二重国籍の子供を来月出産予定なのでその経験を元に書かせてもらえれればと思います。私自身としては、二重国籍として親があまり準備をしていたものではなく大変苦労したので、そういった経験がみなさまの役に立てればと思います。 みなさんご存知の通り、アメリカは出生地主義を取っている国なので、アメリカで出産するだけでアメリカの国籍がもらえるというラッキーな国です。もちろん、日本大使館・領事館に届け出ればちゃんと日本国籍ももらえるので安心してくださいね。 じゃあまず必要な手続きから具体的な 日本大使館・領事館 3ヶ月以内に出生届(国籍留保ってやつにチェックする)を出してください。この時に6ヶ月以内の戸籍謄本が必要なケースがあるので、ぬかりなく準備してくださいね。原則は出生届を出せばいいだけなのですが、その国や時期(いまは2016年2月)によって違うと思うので必ず大使館や領事館に確認してくださいね。 出生届を出した後はパスポートを取りましょう!これで、子供は立派な日本国籍になります。 アメリカへの届出 アメリカ向けの手続きは主に4つです。病院発行のBirth Certificate , SSN , County発行のBirth Certificate , US Passport。この4つを揃ってることをちゃんと確認し、自分の子供の将来のためにちゃんと保存しておきましょう!僕の知り合いはこれらがほとんどなくて2年がかりでなんとか集めました。場合によってはアメリカ国籍保持も難しくなるかもしれません。この4つの書類はアメリカ国籍4種の神器といっても過言ではないです。一つでも欠けると結構めんどくさいのでちゃんと全部子供が大人になるまで揃えておいてくださいね。そしてこれら4つの書類はおそらく州によって違うと思いますが、病院で手続きを説明してくれるはずなのでちゃんとこの4つは聞いておきましょう! 基本的には、病院が病院のBirthCertificateとSSNを発行してくれるはずです。SSNはちっこいカードですが、あなどれません。これをなくすと子供のアメリカ人としての将来が揺らぐので間違いなく保管しておきましょう! そして、州によってCountyに自分でBirthCertificateの申請をFileするか、病院がFileするかの違いがあります。Fileした後で、6週間程でBirthCertificate取得可能になるので、このCounty発行のBirthCertificateは子供の人生に度々登場するのでなんなら5通くらい取っておきましょう。 そして、パスポート。これも忘れずにとっておいて、子供が成人になるまで親として毎年忘れずにパスポートの更新をしてください。更新を忘れるとパスポートの取得が難しくなるケースもあります。 22歳までに国籍選択? 親として、この点もきになると思います。これは基本ルールとして国籍選択をしなければならないだけで、22歳越えた後でも2016年2月現在、出生時に二重国籍になった人限定で、二重国籍を保持することが可能です。くわしくは日本における二重国籍の扱い(アメリカ)を読んでください。 忘れちゃいけないのが税金(Tax Return) さて、これも親として子供が成人になった時に必ず教えてあげましょう。二重国籍の一番の問題は実は税金なのです。アメリカ国籍は世界中どこで働いていてもTax Returnっていってアメリカの確定申告を必ず毎年しなければなりません。これが二重国籍唯一で最大のデメリットでしょう。原則的に年間9万ドルあたりまでは、アメリカ以外で納めた税金はアメリカに支払っとみなされて免除されますが、9万ドルを越えた額は就労している国とアメリカへダブルで払う可能性があります。これが最大のデメリットです。もし子供が一生アメリカ外で暮らすなら無視しても大丈夫ですが、アメリカに住んだり・働いたりする場合は最悪の場合脱税にもなりかねないので、TaxReturnの義務を必ず子供につたえてくださいね。実際、申告するかどうかは子供の判断でいいと思いますが、二重国籍であることを子供が知らないと税金のことなんて気にしないと思うので・・・。 以上のように子供がアメリカで生まれると手続きも多くなるし、自身がしらないSSNやBirthCertificateのことなどたくさんありますが、親が全部とっておくと子供の未来が限りなく広がるので是非、子供のために入念に準備しておいてくださいね。...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp

ヨセミテ観光ガイド(2015年版)

10 Sep
今日はヨセミテの観光について、長いので先にインデックスを書いておきます。 ヨセミテとは 旅行計画を立てる ヨセミテまでの交通手段 ヨセミテバレー内の過ごし方 ヨセミテとは カルフォルニア州にある国立公園です。世界遺産(自然遺産)にも登録されています。最寄りの大きな都市としてはサンフランシスコですが、それでも車で5−6時間くらいかかる場所にあります。だいたいの位置関係はサンフランシスコ近郊の観光名所のブログをみてください。 公園としてはかなり大きい公園だとおもうんだけど、だいたいの観光がヨセミテ渓谷というところが中心になります。ヨセミテ渓谷にはホテル,レストラン,ショップがあり、渓谷内には無料のバスが走ってて渓谷内の観光名所まで簡単にいくことができます。(後述します ) 旅行計画を立てる ヨセミテの見所は5月-6月くらいです。というのも、渓谷の中心地にあるヨセミテ滝の水の量が一番あるのがその時期だからです。雪解け水なので、7月に入ってくると水の量が減ってきて、9月になるとほとんどなくなってます。それゆえ、5月-6月は渓谷内のホテルが激戦区で、4月-9月の時期もかなりとりにくいです。ホテルが取れないからといって日帰りでいく手段もありますが、基本的にはお勧めしません。朝6時くらい集合して5時間のって現地4時間くらいで、5時間かけて戻ってくるみたいなほとんどが移動のツアーになります。最低でも1泊は必要です。できれば2泊以上したいところです。 さて、ヨセミテのホテルというと主に渓谷内と渓谷外がありますが、これも渓谷内を強くお勧めします。HISとかJTBなどの日本の旅行代理店に頼むとだいたいが渓谷外になることがおおいです。理由としては、渓谷内のホテルがほとんど取れないからだと思います。渓谷外だと渓谷内まで数時間に1回のバスを使わなくてはならないし、一番楽しい?ヨセミテの夜を過ごせないので渓谷内が抜群にいいと思います。ただし、渓谷内のホテルは 5月-6月の時期であれば半年以上前から、4月,7月-9月の時期でさえも3ヶ月以上前から予約が必要です。(3連休とかになると絶望的です) なので、ヨセミテいきたいなーっておもったら1月,2月に予定を立てるってことになります。 さて、ヨセミテ渓谷内にはYosemite Lodge at the Falls , The Ahwahnee, Curry Villageの3種類のホテルがあります。ホテルの予約サイトをみるとそれ以外もあるんですが、おそらく渓谷外なので最初にはお勧めできません。 Yosemite Lodgeは一番人気で、1部屋の価格も$200-$300くらいと手頃で普通のホテルってことになります。これは本当になかなか予約がとれません。The Ahwahneeは高級ホテルで1部屋$400-$600ほど。優雅な時間がすごせるとおもいます。値段もあって、Yosemite Lodgeよりかは空いています。Curry Villageはただのテントです。値段は1部屋$100-$180と安いですが、夜もすごく冷えます。ですが、数もおおいので一番取りやすいです。 予約はヨセミテホテルの公式サイトがキャセンル待ちとかもすぐでるので一番良いです。幸いにも7日前までキャンセルは無料なので、半年前くらいでもとりあえず取っておくということができます。また、キャンセルが無料なのでキャンセルもよく出るので、計画日の14日-7日前くらいは結構空きがでるので辛抱強く空き枠をみることもすごく重要です。 (上からYosemite Lodge  , The Ahwahnee, Curry Village) ヨセミテまでの交通手段 さて、ヨセミテまでの交通手段ですが、車・バス・Amtrak +バスの3種類があるとおもいます。車が運転できるなら圧倒的に車(レンタカー)がおすすめです。ヨセミテ渓谷内も車じゃないといけないような場所があって、やはり車があると便利です。ただ、運転がなんとなく不安ということであれば、サンフランシスコからバスがでてるみたいです。ざっと調べた感じでは、GotoBus.com とかStartLineToursとかがありますね。つかったことないので、いいかどうかはわからないです。ツアーバスだと料金も少し高いし、なんとなく不安というのもあるので、Amtrak +バスという方法もあります。これだと料金も安いし、時間帯も選べるんですが、時間が結構かかります。Armtrakのサイトをみて予約してください。ArmtrackがYosemiteまでバスを出しているケースもありますし、Armtrackの駅からYARTをつかっていくこともできるので自由に予定が組めると思います。英語だけのサービスだと不安とかそういうのであれば、HISとかJTBでホテルはあるのでバス出してくれーなんて要望もできそうですけどね。 ヨセミテ内の過ごし方 まずは、ヨセミテバレーの地図。 ヨセミテバレーはこんな感じになってます。まずは、緑と黒い線が目に入ると思いますが、ヨセミテ内には2種類のフリーのバスが走ってます。基本的にヨセミテバレー内の移動はフリーのバスに乗って行うのが主です。 特に運転手とかになにもきかれないので、そのまま乗り降りしちゃいましょう。バスルートの詳細のマップは各バレー内のホテルで手に入るので忘れずにゲットしておきましょう!...
Read more »
ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。
hello@kawaiikitchen.jp